長年の歯科矯正でも、役立つコラム選ぶ際には、大阪での歯周病治療があまり改善されない歯並びでしたら、そこはもう義歯にしてしまうのもアリだと思います。私がそのタイプなのですが、義歯は悪くないですよ。それまで歯の矯正に長い年月を費やしてきましたけれど、歯並びがもともといい人ほどには解消されなかったのです。

そこでもう私は見切りをつけて、歯科矯正をやめてしまったわけですが、しかし歯並びはやっぱり気になりますので、社会人になってから歯並びの悪いとことの歯を義歯に変えたのです。義歯はブリッジとというタイプのものですね。

厳密には橋渡しをして義歯を支えているわけではなく、元々の歯を削って芯にして、義歯をはめこんでいるわけです。義歯が私の歯に入るまでは、トータルで2ヶ月もなかったと思います。2回目にはもう歯の型を取って、次に仮歯を入れて、次には保険適応外のメタルボンドの義歯を入れていますので。早ければ1ヶ月以内でキレイな歯を入れることも可能なわけです。

ですから長い期間をかけて歯科矯正をするよりも、数本程度ならば手っ取り早く義歯にしてしまうのもアリなのかなーと、私は自分自身の経験からして思うのですよね。