部活で試合中に対戦相手の肘と接触し、下の前歯にひびが入りました。また上の前歯は少しぐらつくほどの衝撃で、病院にいきました。
唇が腫れて血が出ましたが、歯からの出血はなかったです。永久歯だったので、万が一がないか心配でした。前歯は色が変わってきていたので、このまま差し歯に変えなきゃいけなくなったらと不安な思いでした。

 

まず、前歯に冷たいものをあてて反応がきちんとくるかを確認しました。左右の感覚を比べながら試したところ、問題の歯は感覚が伝わるのが遅いもののかろうじて生きていることがわかりました。
また、下の歯のひびは、歯専用のボンドで根本まで割れないように接着し様子を見ることになりました。幸い真っ二つという状況ではなかったので、どちらの歯も失うことなく過ごすことができました。

 

感覚が弱った前歯も快復し、今では両方正常な状態に戻っています。
歯の痛みや不安で悩んだときは、歯周病を得意とする歯医者さんにまず行くことをおすすめします。自分は判断でできない部位なので、専門家の目で診断してもらうのが一番です。